2010年01月21日

<外国人地方選挙権>閣内の足並み乱れ(毎日新聞)

 政府が通常国会に提出予定の、永住外国人への地方選挙権付与法案を巡り閣内の足並みが乱れている。15日の閣議後会見では、法案を担当する原口一博総務相が議員立法での提出を主張、連立を組む国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相が選挙権付与そのものへの反対を改めて明言。いずれも政府方針に逆行するもので、今後も曲折が予想される。

 同法案は11日の政府・民主党首脳会議で、選挙権付与にこだわる小沢一郎幹事長の求めに鳩山由紀夫首相が同調し、議員立法ではなく、政府が提出すると決まった。しかし、原口氏は15日の会見で「民主主義の基礎にかかわることは行政府が先にやることなのか。しっかりと国会で提案があるのが基本だと思う」と指摘。千葉景子法相も「本来は議員立法が適切かな、と考えたりする」と同調した。

 亀井氏は「日本がかつて朝鮮半島を支配したことにおわびする気持ちはなければならないが、それと選挙権を付与するのは別だ」と強調。「日本で参政権を行使したい、という外国籍の方は帰化されればいい。(法案提出は与党)3党の連立合意に入っておらず、それぞれの党での議論から始めねばならない」とクギを刺した。

 こうした反応に平野博文官房長官は「閣僚にいろんなご意見があるようだ」としつつ、「政府として提出すべく調整を進める」と政府提出の構えを崩していない。

 法案提出には閣議での全閣僚の同意が必要で、亀井氏が最後まで反対すれば閣議決定は困難。政府で同法案の作成や国会審議を担当する原口氏の慎重姿勢も法案の行方を不透明にしている。民主党内にも根強い反対論があり、政府・与党の方針を一致させる道筋は見えない。【山田夢留】

【関連ニュース】
自民党:外国人の地方選挙権は反対方針
渡部恒三氏:外国人選挙権は議員立法で
外国人選挙権:法案、通常国会へ 与野党で賛否交錯
外国人地方参政権:通常国会に法案提出方針…平野官房長官
小沢幹事長:永住外国人に地方参政権を…法案提出を要望

大学入試センターの追試験は972人に(産経新聞)
<交通事故>大学生はねられ死亡 横浜(毎日新聞)
ワクチンの勧奨復活で合意=日本脳炎めぐり−厚労省(時事通信)
「改正著作権法」周知キャンペーン 大賞決まる(産経新聞)
直木賞に佐々木譲氏、父子受賞の白石一文氏(読売新聞)
posted by ウメキ フミイチ at 18:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土地探しに小沢氏関与、大久保被告が案内(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、東京都世田谷区の問題の土地は、16日に政治資金規正法違反(虚偽記入)容疑で逮捕された同会の元会計責任者で小沢氏の公設第1秘書・大久保隆規被告(48)(公判中)が小沢氏に相談して、購入を決めたことが関係者の話でわかった。

 小沢氏は土地探しの段階からかかわっていたことになる。東京地検特捜部は、大久保被告のほか、15日に逮捕した同会の元事務担当者の石川知裕衆院議員(36)らを追及し、小沢氏の関与がなかったかどうか調べる方針だ。

 問題の土地取引があったのは2004年10月。関係者によると、小沢事務所では、家庭を持つ秘書が増えるなどしたため、秘書の寮を建てることになった。大久保被告は小沢氏の自宅に近い世田谷区深沢で分譲されていた476平方メートルの土地に目を付け、小沢氏に相談。小沢氏が日課としていた散歩の際、大久保被告がこの土地に案内し、小沢氏から購入の了解を得たという。

 その後の不動産会社や銀行との交渉は石川容疑者が担当。石川容疑者は大学在学中の1996年2月、小沢氏の私設秘書となり、00年からは同会の事務担当者を任された。石川容疑者の供述によると、陸山会の手持ち資金では土地代金に足りないため、小沢氏に代金の調達方法について相談したところ、小沢氏が現金4億円を提供したという。石川容疑者は「小沢先生からの貸付金」と説明しているが、借用書などはない。

 石川容疑者は04年10月中旬以降、4億円を陸山会の複数の口座に分散入金するなどし、10月29日に売り主の口座に振り込んだ。しかし、04年分の収支報告書を作成する際、この収入などを記載していなかった。

 一方、15日に同法違反容疑で逮捕された小沢氏の元私設秘書の池田光智容疑者(32)は、衆院選の出馬準備のため05年7月に小沢氏の私設秘書を辞めた石川容疑者から、陸山会の事務担当を引き継いだ。05年分の収支報告書は池田容疑者が作成にあたり、前年に支出された土地代金など約3億5200万円を05年分の収支報告書に計上するなどの工作をしていた疑いが持たれている。

 また07年5月頃、池田容疑者は陸山会の口座から4億円を引き出し、小沢氏に渡していたが、この4億円も同年分の収支報告書に記載していなかった疑いが出ている。

 大久保被告は今月5日、特捜部の事情聴取を受けた際、土地の選定にかかわったことは認めたが、収支報告書への記載については「気づかなかった」などと供述しているという。

「腹腔鏡下根治的膀胱全摘除術」を承認―先進医療専門家会議(医療介護CBニュース)
民主対策チーム「行政への圧力」=大島氏(時事通信)
<新型インフル>成人向けワクチン接種、都が18日から開始(毎日新聞)
「大変残念」と四天王寺大=死亡の福井さん、昨年卒業(時事通信)
<在留資格不正取得>行政書士の夫と妻逮捕 虚偽証明書作成(毎日新聞)
posted by ウメキ フミイチ at 09:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。