2010年05月19日

「裁判員が写真見る」 女性暴行の被告、撮影し口止め(産経新聞)

 女性の部屋に侵入し、現金を盗んで乱暴するなどしたとして4事件で強盗強姦(ごうかん)や同未遂などの罪に問われた住所不定、無職、新谷大和被告(35)の裁判員裁判の初公判が11日、横浜地裁(朝山芳史裁判長)で開かれ、検察側は冒頭陳述で、新谷被告が被害女性の写真を撮影し、「裁判員制度になったから、みんなが写真を見る」などと脅して口止めしたと指摘した。

 検察側冒頭陳述によると、新谷被告は昨年8月21日に横浜市の女性宅に侵入して女性に乱暴しようとした事件で、わいせつ行為をデジタルカメラで撮影。「おれが捕まったら、裁判員制度でみんなが写真を見るぞ」などと警察に届け出ないよう脅した。また、ほか3事件でも同様に撮影していたと指摘した。

 検察側はデジタルカメラの画像ではなく、内容を文書化して証拠提出。わいせつ行為の内容については法廷で読み上げず、裁判員らが黙読する形をとった。

 起訴状によると新谷被告は昨年7〜8月、横浜市内の女性宅4軒に侵入し、現金計約2万3千円を奪い、女性に乱暴するなどした。

信号無視バイク、追跡中転倒21歳逮捕 堺、酒気と無免許(産経新聞)
「1億円金塊」泣く泣く返還…レンタル料高くなり(読売新聞)
無症状キャリアーは対象外=救済案、国側が一時検討―B型肝炎訴訟(時事通信)
体力テスト結果、大阪府は市町村別のみ公開(産経新聞)
普天間移設 さまざまな案「断念」の過去(産経新聞)
posted by ウメキ フミイチ at 11:15| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。